自己破産の相談が簡単【債務整理の実績が豊富な弁護士】

経験豊富な専門家を

相談

自己破産は借金を帳消しにしてくれる法律制度です。素人でも書類をそろえればできますが、弁護士に頼むのがオーソドックスな方法です。弁護士などの専門家に頼むときは得意分野としているか、誠実さがあるかなどをチェックしましょう。

詳しく見る

借金を全て無くすなら

メガネと法律書

借金の返済が厳しくなった場合は債務整理も検討していきたいですが、借金を全てなくのであれば自己破産を選ぶこととなります。自己破産は借金が全て免除されるのがメリットですが、手続きの前にはデメリットもよく理解しておきましょう。

詳しく見る

借金が返せない場合に

法律書

借金がどうしても返せなくなってしまった場合の救済処置として設けられている制度が自己破産です。自己破産を行うためには書類の作成をしてから裁判所で手続きを行う必要がありますが、こういったことは債務者本人が行うのは簡単ではありませんので弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼するのが一般的です。

詳しく見る

弁護士に債務整理を依頼

相談

自己破産の手続きを弁護士に依頼することで、裁判所への出頭等も含め代理人となり手続きをしてもらうことができます。弁護士費用が高額で気になるといっても数百万円あった借金を法的に免除になります。収入条件がありますが法テラスの制度を利用することで一部立て替えてくれます。

詳しく見る

債務整理で借金問題を解決

ジャッジガベル

多重債務で返済をしていくことが困難、売れるような財産もない、そういった場合に自己破産をすることで借金の支払いが免除されます。と自己破産は最後の手段といった悪いイメージがありますが、この手続き後の方が以前よりも生活がよくなるケースが多いのです。

詳しく見る

債務整理について

バッジ

専門家に相談しよう

一時的な生活費の補てんや遊興費として消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを利用し始めたものの、いつの間にか自分の力だけでは返済困難な状況に陥る人も少なくないといわれています。昔と比べると貸出金利は低下傾向にあるとはいえ、一度多重債務状態に陥ってしまうと金利負担も重くのしかかり、元本の完済の目処が全く立たないケースも多いのが実情です。借金問題で行き詰っているのであれば、弁護士などの法律の専門家に債務整理の相談をしてみるのがよいといえます。債務整理には任意整理や自己破産、民事再生といった手法があります。任意整理は債権者と協議し元本や利息分の債権を全部または一部カットしてもらう手法ですが、法的な強制力はなく債権者の協力が必須となります。一方、自己破産の場合は裁判所の手続きを経るものであり、キャッシングやカードローンなどの私債権は自己破産が認められれば免責されることとなります。しかし、マイホームなどの資産については原則として自己破産時に精算することが条件となります。債務整理の実績が豊富な弁護士に相談すれば、あなたの資産状況や借入金の金額に応じて、最適な債務整理の手法についてのアドバイスをしてくれます。弁護士への相談は心理的なハードルが高いと感じていたり相談費用などが気になる場合は、まずは自治体などが実施している無料の弁護士相談を利用してみるという方法もあります。いずれにしても一人で悩まずに一度専門家に相談してみるのがよいといえます。

Copyright© 2018 自己破産の相談が簡単【債務整理の実績が豊富な弁護士】 All Rights Reserved.