自己破産の相談が簡単【債務整理の実績が豊富な弁護士】

債務整理で借金問題を解決

ジャッジガベル

これまでの借金が免除

多重債務者であり、返済をしていくことが困難、収入のほとんどが借金返済で消えていく、財産もないのでどうすることもできない、そういった場合に自己破産をすることで経済生活を再生させることができます。自己破産はこれまでしてきた借金が一切免除される手続きです。テレビのドラマなどで家中の家具が差し押さえられて、これからどうして生きていったらいいのかといった描かれ方をしていますが、実際にはこの手続き後は以前よりも生活が良くなるといったケースが多いのです。確かに財産は売却されてしまうのですが、99万円以下の現金は残すことができますし生活に必要な家財道具は残すことができます。また、仕事で使うための道具も残したまま手続きをすることができるのです。取立も無くなります。賃貸のマンションやアパートにお住いの方は、自己破産後もそのまま住み続けることができます。仕事をやめなければならないということもなく、官報に名前が掲載されますが一般の人で目にするというのはほとんどない政府の広報誌ですから会社にバレてしまうということもほとんどないです。しかし、自己破産の前から家賃の滞納をしているといった場合には立ち退き要求される可能性があります。持ち家の場合は競売にかけられるので手放す必要があります。ただ、弁護士に依頼した場合には新しく紹介してくれた物件に住むことになります。税金を滞納していないなら公営賃貸住宅に住むこともできます。

Copyright© 2018 自己破産の相談が簡単【債務整理の実績が豊富な弁護士】 All Rights Reserved.