自己破産の相談が簡単【債務整理の実績が豊富な弁護士】

借金が返せない場合に

法律書

法律の専門家に依頼を

お金は借りたら返さなければいけないのは当たり前のことですが、時にはどうしても返済することが出来なくなってしまう場合があります。そういった人のために用意されている制度の一つが自己破産です。自己破産は財産を失ってしまったりカードが一定期間作れなくなってしまったりと様々なデメリットはあるものの、現在の借金が全て帳消しになるという借金に苦しんでいる人にとってはありがたい制度です。自己破産手続きについて興味があるという人も中にはいるでしょう。しかし、いざ実際に自己破産手続きを行うとなると何をしたら良いのかわからないという人も少なくないでしょう。やり方がわからないため、興味はあるけれど手続きが出来ずに借金に苦しんでいるという人も中にはいるでしょう。何らかの資産がある場合にはその資産を売却するなどの手続きがありますが、すでに資産を売却している場合には同時廃止と呼ばれる手続きになります。まず行わなければならないのは自己破産申立書類の作成です。書類を作成した後には裁判所に行って手続きを開始することになります。この場合の裁判所とは債務者が所在している地域を管轄している地方裁判所になります。しかし、こういった手続きを債務者本人が行うことはあまりありません。書類を用意して作成するのにも専門的な知識が必要になり、裁判所の手続きも素人が行うのは簡単ではありません。そのため、自己破産手続きをする際には弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼するのが一般的です。

Copyright© 2018 自己破産の相談が簡単【債務整理の実績が豊富な弁護士】 All Rights Reserved.